エクササイズコーチでダイエット3ヵ月間の僕の【食事内容】まとめ

 
こんにちは。パーソナルジムのエクササイズコーチ3ヵ月間で-12キロのダイエットに成功した雲藤テルオです。
 
 
今回は、この-12キロの減量に成功した僕がダイエットの3ヵ月間で食べてきた「食事」の内容を全て公開します。
 
 
これ食べて僕は12キロ痩せたよヽ(*^。^*)ノウェ〜イ♪
 
ってやつです。
 
 
それと共に、この3ヵ月間で僕も食事についていろいろ学んできたので、ダイエットを目指す人全てが目標にするべき「理想の食事」についても最後の方に書いているので、それも是非読んでみてください。
 
テルオ
ぶっちゃけ、それだけ読んでみてもいいくらい重要なこと書いてるので、これからダイエットに挑戦する人現在リバウンドしかけている人も参考にしてみてね!( ・ิω・ิ)✧
公式サイト
まずは「無料体験」から!( ・ิω・ิ)و✧
»» 無料体験は〖ExerciseCoach公式サイト〗から申し込みができます»»

-12キロのダイエットに成功した僕の食事内容

▸ 朝食

 
僕の朝は早く、いつも6時過ぎくらいには家を出るので朝ごはんを食べている時間もなく、何よりもこんな朝っぱらからご飯も喉を通らないので、基本朝は「味噌汁」を飲みます。
 
 
それと「おにぎり」
 
 
具は「たらこ」か「鮭」が主です。魚の脂は体脂肪率を下げるのに効果がある」と聞いてからはできるだけ具を鮭にするようにしてました。
 
午前中はバイトをしているので、おにぎりはそのバイト中にたまに口にしながら、バイトが終わる午前10時頃までに食べ終えるといった感じです。
 
 
 
おにぎりも喉を通らない日には「豆乳」を。
 
 
 
逆にもっと食べたければ量少なめな「サラダチキン」的なものを食べることも稀にあります。
 
 
テルオ
朝ごはん少なくね?結構ストイックだな
 
と思うかもしれませんが、僕はお昼ご飯を結構食べることにしているので、午前中はそれを楽しみに頑張れます。
 
午前中はお昼ご飯のことばかり考えてます(笑)
 

▸ 昼食

 
僕が一日の中で一番食べるのがお昼です。11時〜13時の間くらいにいつも食べています。
 
 
「野菜」「たまご」は基本的に毎日食べています。
 
 
それに加え「肉」も。
 
 
 
そして「魚」も。
 
 
 
たまにはこんなのも。
 
 
 
ちょっと物足りなければ「コカコーラゼロ」とかサラダチキン」とか、コンビニで売ってる「味付きたまご」なんかをプラスして食べることもあります。
 
テルオ
というように、お昼ご飯は結構食べてるよ(^o^)丿
 
ちなみに、米は「十六穀米」です。
 

▸ 夕食

 
逆に夕食はかなり少なめ。18時〜20時の間くらいにいつも食べています。
 
 
「たまご」は基本的に毎日食べていますが、それにプラスして「肉」「魚」を食べるときもあります。
 
 
 
たぶん、夜ご飯はもう少し多くていいと思いますが、以前は夜ご飯たらふく食べてすぐ横になってゲップと共に胃酸がこみ上げというようなことがよくありました。
 
夜ご飯を減らしたら胃酸がこみ上げるというのが無くなり、イライラすることも少なくなったので、僕はこのスタイルにしています。
 
テルオ
満腹のときよりも腹減ってるときの方が意外とイライラしないことを発見したよ(゜-゜)
 

▸ 間食

 
やっぱり昼食から夕食まで時間が結構空くし夕食も少なめなので、間食もします。
 
基本は「たまご」「納豆」「豆腐」「ナッツ系」が中心。
 
 
 
たまには「フルーツ」系も
 
 
 
妻の実家で穫れるブルーベリーを凍らせておいて、それとヨーグルトをミキサーにかけてはちみつをかけた自家製ブルーベリーアイス」なんかも。
 
 
 
それでもどうしてもお腹が減ったときには「コカコーラゼロ」「サラダチキン」「サラダフィッシュ」系を。
 
 
 
そして一日のたんぱく質があまりにも足りてないと思ったときには「プロテイン」なんかも。
 
 
プロテインはトレーニング終わりに飲むことが多いですね。
 
 
そして「コーヒー」は好きなのでほぼ毎日飲みます。
 
 
テルオ
単純に間食として食べるときもあれば、食事にプラスして食べることもあるよ。
 

▸ 一日中口にするもの

 
僕が朝昼夜関係なく一日中口にするものは、「水」です。
 
 
水は一日2リットルを目標にしているので、ちょこちょこと気づいたときに口にします。
 
一気に飲もうとすると無理なので「一日かけて飲む」ようにするのがポイントです。
 
テルオ
おかげさまでトイレの回数がダイエット前に比べて倍くらいになったよ(^_^;)
 

ダイエット前の食事との変更点

 
僕がダイエット前と-12キロに成功したダイエット中と、食事の内容の何を変えたのか。
 
簡単に言うと、この5点について変えました。
 
米を減らした。
野菜、肉、魚、卵を増やした。
夜ご飯をガッツリ食べるのをやめた。
水をたくさん飲むようにした。
間食はカロリーの低いものにした。
 
要するに、「不要なものを減らし、必要なものを増やした」ということです。
 
僕は決して「食べない」ということはしていません。
 
 
 
ダイエットではよく、食べ物の総量を減らしてしまう人がいますが、僕は不要なものを減らした分、必要なものを増やしているので、総量的にはあまり減らし過ぎないようにしていました。
 
なのでダイエット中も「常に腹ペコ状態を我慢する」といったことはありませんでした。
 
こういう「我慢」ということをし続けようとすると継続が困難になりダイエット挫折の原因になるので、特にダイエットをはじめたばかりの頃は「食べる工夫」をすることが大切ですね。
 
 
 
僕はカロリー、脂質、糖質を減らした分、たんぱく質を増やしています。
 
それが「肉」「魚」「たまご」です。
 
 
動物性の脂、特に魚の脂は摂っても大丈夫なので魚をもっと増やしたいところなんですが、コンビニだと魚よりも肉系が豊富なので、どうしても肉が多くなりますね。
 
肉でもムネ肉とか、できるだけ脂身は避けた方がいいですが、これもストイック過ぎると続かないので、徐々にでいいと思います。
 
 
そして、ダイエットでは便秘になりがちなので便秘解消のためと、体脂肪率を下げるために「野菜」を多く食べるようにしました。
 
 
関連記事
僕がダイエット中に便秘になったときの「便秘解消法」も参考に↓↓

ダイエット中の食事制限で陥る【便秘】を1日で解消した僕の方法

 
そして、代謝を上げて痩せやすい身体にするために「水」を多く飲むようにしました。
 
水は1日2リットルを目標にしていますが、今1.5リットルは飲めているので、まぁ、悪くはありません。
 
1.5リットルでも一気に飲もうとすると無理なので、気づいたときにちょこちょこと飲むようにすると結構飲めるものです。
 

ダイエット中の食事制限のサボり方

 
ダイエットに食事制限は付き物です。
 
ケーキ食べるな
お菓子食べるな
ジュース飲むな
脂質とるな
糖質減らせ
 
と、ダイエット目的にパーソナルジムへ通えばエクササイズコーチに限らずどこでもこういうことを言われます。
 
 
もちろんこれは正しいことですが、今まで食べてきたものを無理して急にバッサリカットしようとするダイエットは続きません。
 
なので僕も我慢ができないときには無理をせず少しサボり、お菓子も食べるしジュースも飲んでいました。
 
ただ、その食べる「量」「内容」には気をつけていました。
 
 
 
お菓子を食べる場合には「うまい棒」でしのぎました。
 
 
ポテチ1袋を買うと全部一気に食べてしまうので、うまい棒ならばコンビニでも1本から売ってるので食べたいときだけ2〜3本だけ買って食べました。
 
 
うまい棒1本ならばカロリーもそれほど大したことはありません。
 
 
 
甘いものが食べたいときには「モンテールのシュークリーム」を食べました。
 
 
モンテールのシュークリームは美味しいので以前から好きだったんですが、
 
 
コンビニオリジナルのシュークリームとかだとカロリー380超えとかザラなので、モンテールはシュークリームの中では優秀な方です。
 
 
 
それと僕はコーヒーは毎日飲みたいタイプなので、最初はこういう「ノンスウィート系のコーヒー」を飲んでいました。
 
 
しかし実は、意外とこっちの方が優秀です。
 
 
「ノンスウィート」って言うと、なんだか全て数字が低いと思いきや意外とそんなこともないとわかったので、裏の表示を見比べて買うようにしています。
 
まぁ、できればブラックがいいんですが。
 
 
 
こうしてお菓子や甘いものを徐々に減らしていき、食事制限をサボるための食べ物も「サラダチキン」とかにしていきました。
 
 
僕はサラダチキンの水っぽいパサパサ感が好きじゃないので、そういう人にはこの「ファミマのグリルチキン」はおすすめです。
 
関連記事
僕が食べてみて「美味しい!」と思ったコンビニのサラダチキンランキングも参考に↓↓

コンビニの美味しい【サラダチキン】ランキング♪ダイエット中のたんぱく質摂取に◎

 
それと、ダイエット中のサボりでも「カップ焼きそば」だけはやめといた方がいいです(¯―¯٥)↓↓

ダイエット中【カップ焼そば】食べた後の5日間の体重がヤバかった(¯―¯٥)

帰宅時間が遅い人の夜ご飯について

 
夜遅くまでの仕事はダイエットをするには不利な環境です。
 
仕事の「疲れ」や「ストレス」というものが一番食欲を増大させるものだからです。
 
 
仕事を夜遅くまでやってる人は疲れ果てて帰るので、やっぱりそういう疲れやストレスがあると夜遅くにガッツリ食べたくなります。
 
そして食べたらすぐに寝ることになります。
 
 
僕は運良く、午前中はバイトをしていますが午後は好きなブログを書くことを仕事にしているので、夜遅くなっても普通の会社員よりはストレスが断然少ないという、ダイエットには恵まれた環境です。
 
一般的に「暇だと食べちゃう」と思われがちですが、実は一番食欲が増すのが「疲れ」と「ストレス」なので、仕事のストレスが少ない僕の場合には夜ご飯が少なくてもそこまで苦ではありませんでした。
 
 
 
ダイエットには「夜ご飯はあまり食べない方がいい」と言われていますが、その理由は単純で、一般的な社会人の人の夜の身体は「お休みモード」だからです。
 
お昼ご飯はたくさん食べても身体を動かしている時間がこの後もしばらく続くので食べた分は消費されますが、夜は家でゴロゴロしている時間帯なのでカロリーが消費されません。
 
単純に寝る直前の食事は胃に負担をかけるので健康のためにやめといた方がいい」というのもあります。
 
なので逆に、夜勤の仕事の人の場合には夜ご飯を食べてもべつに構わないということになります。
 
 
 
では、普通に夜遅くまで会社で働いて終電で帰宅してすぐに寝る人の場合の夜ご飯はどうすればいいのか。
 
帰ったら食べずにすぐに寝るというのが一番ですが、そういうのは1ヵ月は続けられてもそれ以上長続きはしませんよね
 
でも結局のところ、解決策は
 
17時くらいまでに終わる仕事をする
夜はできるだけ食べない
 
の2つの方法しかありません。
 
 
夜勤の仕事をしても朝帰ってたらふく食べてすぐに寝たら同じことです。
 
仕事の時間は勤務時間帯の問題ではなく、1勤務あたりの時間数です。
 
仕事が終わってから寝るまでの時間を多く取れる仕事ほどダイエット向きの仕事です。
 
 
 
この中で現実的な「夜はできるだけ食べない」ということで言うと、
「ゆでたまご」「サラダ」「納豆」「豆腐」「ナッツ」系を少しだけ食べる。
 
② 
朝ごはんを楽しみに、夜は帰宅後にすぐに寝て起きる時間を早めて朝ごはんをしっかり食べる。
と、こういった「できるだけ我慢しなくてもいい工夫」が必要になります。
 
 

「理想の食事」〜食品添加物を断つ〜

 
ダイエットとは、突き詰めれば「筋肉」と「食事」です。
 
筋肉をつけて代謝を上げて太りにくい身体にすることが、これから先ダイエットに消耗しリバウンドを繰り返さないためのたった一つの正しい方法です。
 
その筋肉のためには、食事の面がかなり重要です。
 
筋肉よりも、重要です。
 
 
 
3ヵ月間で-12キロの減量に成功した今、これから先の目標は「減量のための食事」ではなく「健康のための食事」に挑戦していきたいと考えています。
 
 
簡単に言うと、
 
江戸時代にも存在していた食べ物を食べる。
 
もう少し具体的に言うと、
 
加工食品を断つ。
 
更に具体的に言えば、
 
コカコーラゼロとか飲まない。
お菓子なんか食べない。
サラダチキンなんか食べない。
プロテインなんか飲まない。
 
これらを「我慢しなくてもストレスにならない身体にしていく」ということです。
 
 
 
ダイエットのサボり方で「無理をしちゃいけない」と話しましたが、何も我慢せず無理せずお菓子を食べないことができれば、それに越したことはありませんよね?
 
なぜお菓子を我慢するのがストレスなのかと言えば、小さい頃からずっと今までお菓子を食べ続けてきたのでやめられない身体になってしまっているからです。
 
お菓子とはつまり、加工食品です。
 
「合法な麻薬」といったところでしょうか。
 
麻薬をやっていたら麻薬断ちするのはすごく大変なことと聞きますが、最初から手を出さなければそもそも、麻薬断ちするために頑張る必要なんかないわけです。
 
お菓子やコーラを最初から知らなければ、お菓子やコーラを断つために頑張る必要なんかないわけです。
 
 
 
あれほど「ダイエットに良い!」と巷で言われていてトレーナーも推奨しているサラダチキンをなぜ僕は断ちたいのかと言うと、人工甘味料や保存料、亜硝酸N aといった発色を良くする食品添加物がふんだんに使われている、とても立派な加工食品だからです。
 
プロテインもそうです。
 
今のプロテインは味も違和感なく美味しいものになってきたようですが、その理由はこれもまた食品添加物です。
 
アスパルテームとかスクラロースとか、そういう人工甘味料が入っているから美味しく飲めるわけです。
 
そういった類の成分が一切不使用のプロテインがこの世で販売されているのかどうかわかりませんが、まぁ、想像してみればわかります。そういうものがあっても普通の人はマズくて飲めません。
 
 
 
サラダチキンもプロテインも、江戸時代には存在していない食べ物です。
 
こういった加工食品でダイエットをしても加工食品断ちはできていないので、いつまで経っても加工食品の「お菓子食べたい」「コーラ飲みたい」を我慢し続ける人生が続きます。
 
「カロリーゼロ」「添加物不使用」とか聞くとパッと見、優良そうな食品に聞こえますが、「カロリーゼロ」「添加物不使用」と “わざわざアピールしなくてはいけない” ということは裏を返せば、「何かを隠したいから」とも言えますし、実際のところ、そうです。
 
 
現代人の味覚は食品添加物を「美味しい」と感じる味覚になっているので、食品添加物を抜くと人は「美味しくない」と感じます。
 
それでは売れないので、食品添加物として国の基準で記載義務のない “グレーゾーン”(ぶっちゃけほぼ食品添加物)のものを代わりに工夫して入れているんです。
 
 
「カロリーゼロ」は言うまでもなく、人工甘味料が入っています。
 
ゼロコーラはカロリーも糖質も0なので一時的にはダイエットの手助けになりますが、こういう人工甘味料は依存しすぎると太りやすい身体になっていきます。
 
一度2週間くらいコーラ断ちしてから飲んでみてください。久しぶりにタバコを吸ったときのような、全身に一気に染み渡り “脳が飛ぶ” ような感覚が味わえます。
 
つまり、「ヤバイ」ということを身を持って実感できます。
 
 
この負のスパイラルから脱却したい
 
 
というのが、ダイエットに成功した僕の次の目標です。
 

「理想の食事」〜プロテインなんか飲まない〜

 
エクササイズコーチでも「糖質抜け」ということで、意外と糖質が多く含まれているという「にんじん」「トマト」「じゃがいも」などの食事の注意をよく僕も受けましたが、僕はこれらを全て抜くことはしませんでした。
 
「炭水化物減らすために米減らせ」とも言われていましたが米も完全には抜かなかったし、「フルーツも糖質多いからあまり食うな」とも言われていましたがフルーツ類も適度に食べ続けました。
 
その理由は、これらの食品は江戸時代にも存在していたであろう食品だからです。
 
 
なぜパーソナルジムのトレーナーはこういう江戸時代からも食べ続けられている優良な食品を「抜け」と言うのかというと、その方が短期間で痩せやすいからです。
 
多くの人はBeforeAfterのCMのように短期間での大減量を夢見てパーソナルジムへ通うので、短期間の大減量には炭水化物や糖質の全カットが効果的です。
 
ですが、炭水化物や糖質を全カットして短期間で大減量をしても、パーソナルジムを卒業後もそれらの全カットを継続していくのは困難なので、こういうことをするとリバウンドしやすい。
 
 
それと、トレーナーが推奨している「サラダチキン」「プロテイン」で既に糖質は十分摂ってしまうからなんです。
 
つまり、加工食品で摂ってしまっている糖質の分を、優良な食品を抜くことで釣り合いをとろうとしているというわけです。
 
砂糖たっぷりの加工食品を食べずに糖質の多いにんじんトマトじゃがいもを食べていればそもそも、私たち人間は太っていないわけです。
 
 
 
確かに、ボディービルダーなんかだと、プロテインは必要不可欠なのかもしれませんが、べつに僕はビルダーを目指しているわけではありません。
 
プロテインを飲めば筋肉量増加のスピードは上がるのかもしれませんが、べつに僕は3ヵ月後にビルダーの大会に出場するという目標もありません。
 
糖質・脂質・炭水化物を全カットすれば僕ももっと痩せられたのかもしれませんが、僕はBeforeAfterのCM出演が決まっているモニター芸能人ではなく、ダイエットを1年単位で考えている一般人なので、3ヵ月で20キロも痩せる必要もないし、逆にそれをするとリバウンドします。
 
 
 
プロテインもサラダチキンも売っていなかった時代に生きていた昔の人は、筋肉が全くなかったのでしょうか?
 
そんなことはありません。
 
むしろ、江戸時代の人間の方が健康だったのではないでしょうか。
 
昔の人間の寿命が短かったのはただ、医学の知識が乏しかったからにすぎません。
 
ということはつまり、ダイエットや筋肉や健康維持に必要な食材は、もっと簡単なところから手に入ると思うんです。
 
つまり、「ゆでたまご」のような “神食材” のことです。
 
 
 
ちなみに、夕食や間食として僕がよく食べていたこれ。
 
 
これは砂肝なんですが、上にかかってる緑色のソースはこれ。
 
 
原材料名のところを見てもらえばわかりますが、隠すものがなければ特に「添加物不使用」をわざわざアピールする必要もないんです。
 
 
 
更にちなみに、僕は炭水化物の王様とも言われる「米」をダイエット中もずっと食べ続けました。
 
それは、米は江戸時代よりももっと前から日本人が食べ続けてきた優良な食材だからです。
 
米は日本人の身体に適しているので、炭水化物を食べる場合は「米」からとるのが一番だと思ってます。
 
僕が米を食べ続けたのは「健康的にダイエットがしたかったから」という理由からですが、僕が以前試してみたハーセリーズの「ダイエット遺伝子検査」の診断結果で《お前の身体は「米」食べた方が痩せるよ》と言われたから、というのも実はあります。
 
人間の身体は人によって個人差があるものなので、自分は遺伝子的にどういうダイエット方法が適している身体なのかというのを知っておくのも今後のためにはおすすめです。
関連記事
自分に一番合ったダイエット方法を自分の遺伝子に聞いてみよう↓↓

もうこれで最後にしたい!ダイエット成功方法を自分の遺伝子に聞いてみた(゜.゜)

デブのダイエットのキッカケとして「エクササイズコーチ」はコスパが良い

 
エクササイズコーチはアメリカ発祥ということで、アメリカ人的考え方らしい効率重視のパーソナルジムです。
 
確かにエクササイズコーチの人工知能のマシントレーニングは効率が良いです。
 
僕も無理をしすぎない食事で3ヵ月間で-12キロのダイエットに成功したので!体脂肪率も内臓脂肪率も減りました。
 
 
ですが何度も言うように、効率はマシントレーニングだけに求め、食事はダイエットの教科書通りの制限は程々にしておかないと、卒業後にリバウンドしてしまう可能性が高くなります。
 
その理由は、
 
 一人で継続するのが無理。
「食べない」と人の身体は体重が落ちなくなる。
「食べない」で体重を落とすと体脂肪率は逆に増える。
食品添加物に頼っていると太りやすい身体になる。
 
 
僕も以前まではこういうダイエットを繰り返し、リバウンドも繰り返してきました。
 
食べないで、走る。
 
こういう無駄なことをずっと繰り返し、結局いつもリバウンドです。
 
なので僕も「これじゃ痩せられないな」とわかっていました。
 
だけど何をどうしたらいいのかわからない。。
 
こういう、万年デブのダイエットの “キッカケ” となるのが、パーソナルジムです。
 
 
「キッカケ」と言っても、月に20万30万という料金ではキッカケもクソもありませんが、エクササイズコーチは一番安いコースで月12,000円から、一番高いコースでも月32,000円です。
 
エクササイズコーチはデブのダイエットのキッカケとしてとってもコスパが良いんです。
 
 
そして、エクササイズコーチに3ヵ月間も通えば、ダイエットに必要なこれらの知識は全て学べます。
 
ダイエットのための食事。
ダイエットの身体の仕組み。
マシントレーニングの正しいやり方。
 
 
食事としては、トレーニングをしながらのこれを食べたらこうなった」ということを身をもって経験できるので、卒業後も今までの間違った食生活を繰り返すということがなくなり、リバウンドしない「太りにくく痩せやすい身体」を手に入れることができます。
 
 
 
エクササイズコーチはパーソナルトレーニングジムとしては「激安」ということで、僕も最初は「食生活指導」とかあまり期待はしていなかったんですが、食事写真の送信フォームも整っていて、毎回トレーニング前にはトレーナーさんによる食事のアドバイスも受けられます。
 
 
僕もエクササイズコーチの最初の無料体験のときに、
 
テルオ
あ、
 
結構しっかり食事のアドバイスしてくれるんだなΣ(゜o゜)
 
と感じ、入会を決めました。
 
無料体験は文字通り無料なので、ちょっとでも興味のある方は無料体験受けてみてほしいですね。
 
 
もし体験してみて「なんか違うな」と思えば、エクササイズコーチの場合 “しつこい入会の勧誘” もなかったので断りやすいですからね(^^)v
 
関連記事
僕の無料体験の様子も参考に↓↓

【口コミ】エクササイズコーチ渋谷店の【無料体験】に行ってきた

僕の【エクササイズコーチ体験記】一覧

テルオ
僕の【エクササイズコーチ体験記】の主な関連記事も参考にしてみてね( ・ิω・ิ)ノ
  

»» エクササイズコーチ体験記一覧 »»
【エクササイズコーチ体験記】主な関連記事
 僕のエクササイズコーチでのダイエット3ヵ月後の結果
»» -12.5キロのダイエットに成功! »»
 
 エクササイズコーチ渋谷店の無料体験に行ってきた
»» 無料体験の様子 »»
 
 エクササイズコーチの初月料金が20%割引になる方法 & 謝礼金について
»» 割引制度 »»
 
 渋谷店のトレーナーにエクササイズコーチの疑問点を全部聞いてき
»» トレーナーにインタビュー »»
 
エクササイズコーチのマシン & トレーニング全内容を動画付きで紹介
»» 5マシン & 9トレーニング »»
 
エクササイズコーチ3ヵ月間で-12.5キロ痩せた僕の食事内容のまとめ
»» 3ヵ月間の僕の食事内容 »»
 
僕がエクササイズコーチ3ヵ月間で学んだリバウンドしないための正しいダイエット方法
»» パーソナルジムは3ヵ月で十分 »»

▼この記事をSNSでシェアする▼

太りにくく、痩せやすい身体へ。
3ヵ月で【-12.5キロ】のダイエットに成功した方法

運動嫌いで自分に甘い私テルオが「米食って」「コーラ飲んで」「シュークリーム食って」ダイエットに成功した月12,000円〜ヮ(゚д゚)ォ!のコスパ最高パーソナルトレーニングジムを、ヤセたいデブのみんなに教えるよヽ(*´ω`*)

ダイエット方法は、自分の遺伝子に聞く時代。
ダイエット遺伝子検査

ダイエットの “正解” は人それぞれ違う。自分に最適な自分だけのダイエット方法を知ることが、ダイエットの “キッカケ” になる。デブはこれで最後だ!(๑•̀ㅂ•́)و✧